完結に印鑑

映画の中では、最初スクリーンの代わりに教会か何かの高い建物を使って上映し
それを広場から皆が眺めるというやり方を描いていた。
おやこれは。たった今、私や他の参加者が見ているスタイルじゃないか。
どうやら主催者の思惑がたっぷりと反映されていたようだ。

上映終了と共に、あちこちから拍手が巻き起こった。
ライダーズジャケットを着込んだ私でさえ寒いこの上映会に
けっこうな人数が最後まで残っていたようである。
最終日の明日も、同じ時間にこの映画を上映するらしい。
無料イベントなので、興味がある方は行かれると良いだろう。
その際は、寒さ対策と印鑑をお忘れなく。

 

昨日の思い出し日記を書いていて、もうひとつ思い出した。
同じく、自分が元いた事務所でのことだったが
そこにインネンをつけてくる営業のオバサンがいた。

オバサンが言うには、自分が1ヶ月も前に出した注文書が
まったく処理されていない。責任を取れというものだ。
当時、度重なるクレーム対応などでほとんどの坦務スキルがあった私は
すぐ書類を探しにかかった。1ヶ月前の書類なら、かえって見つけやすい。
なにか理由があって、手配を止められている可能性が高いからだ。
ところが見つからない。怒鳴られながらどこまで探しても見つからない。
1時間以上かかって見つけたのは、なんと一昨日まわってきた書類。
・・・・・何だよ。2日前に来たばかりじゃん。